2018-12-12

奈良県里親会会長あいさつ

親の病気や経済的な理由などさまざまな事情により、家庭で暮らせない子どもが全国で約45,000人(厚生労働省2017年公表)いると言われています。

そのなかで、子どもたちを家庭に迎え入れ、生活を共にする「里親制度」がいま注目されています。

奈良県里親会でも、新たな里親の担い手をお待ちしております。

「子どもとうまくコミュニケーションはとれるかな?」など、不安もあるかと思いますが、何も特別なことをする必要はありません。ただひたむきに子どもを想って一緒に過ごすことが大切です。できないことは時間をかければ少しずつでもできるようになってきます。
子どもと過ごすのが大好きで、楽しい家庭であれば大丈夫です。

自分にも何かできないかなと思っておられる方、新たな一歩を踏み出してみませんか?里親について少しでも関心を持たれた方はご連絡をお寄せください。

どうぞよろしくお願いいたします。

 
 
奈良県里親会会長 松舟憲光